スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに ぐ! っときた!!!

エマーソンさんが残した名言だそうで・・・

久しぶりに ぐ! っときました(^-^


この道は一度しか通らない道。

だから、役に立つこと、人の為になることは、今すぐやろう。

先に延ばしたり忘れたりしないように。

この道は、2度と通らない道だから。



ううーん。ほんと、紙に書いて壁に貼っとこうかな・・・。
スポンサーサイト

皆さん体をだいじにww

最近思ったんですが・・・

実は病弱かも!!!!www


いや、普段はそんなことないんですよ。

風邪も滅多に引かないですし。(前ひいたの思い出せない・・・)

頭痛持ちとか、そんなのもないし。無駄に元気。


でも、数年に一回大きな病気します。


5年くらい前はノロウイルス

これはご存じ、空気感染もする驚異的な病気ですね。

まさに生き地獄でした。

いえ、体がきついっていうのもそりゃあるのですが、何というか、人としての尊厳が損なわれるというかwww

また流行ったら、皆さん注意していただきたいです。



3年くらい前は突発性難聴

片耳だけ聞こえなくなるケースが多いそうですね。私もそうでした。

程度も人によってまちまち。

主に原因不明の難聴がこう呼ばれるそうですが、何より処置の早さがめちゃくちゃその後に影響するそうです。

音とにおいに敏感な私はたまたま、すぐに違和感を感じて翌日には耳鼻科へ。

先生からは良く気付いたね。と言われましたが、検査すると聴力が右と左で明らかに違ってました。

3ヶ月くらいして違和感もなくなりましたが、MRIまでとっても原因特定ならず。

おそらく過労とストレスでしょうとの事でした。

この病気は、1週間いないに治療を始めるのと、そうでないのでは完治率が全然違うとのことで、ラッキーでした。

違和感を感じたらすぐに耳鼻科へ!!!!おすすめします。



そして最近は帯状疱疹

これまた、若い人にでる場合はほぼ過労とストレスだそうで。

水疱瘡になったことがある人は、過労・ストレスで免疫力が下がった時に普段抑制されてる水疱瘡のウイルスが活性化するそうです。

一回発症したらその後はほぼでないらしいのですが、きちんと処置しないと後遺症が残る怖い病気。

あまりの忙しさに、違和感感じてから一週間後に病院にやっといきました。

「もうちょっと早くきてれば楽だったかも」

と言われてちょっと後悔。。。

スケジュール的には病院行けなかったし、しょうがないか・・・と思い、高い薬(ほんと高かった・・・)を飲んでます。

これまた処置が早ければ早いほど痛みも少なく、後遺症が残る可能性も少なくなるようです。

処置が遅かったのでめっちゃ痛いです。痛くて目が覚める・・・。


と、思い返してみると病弱かもwww

なんて思ったりしながら、仕事柄徹夜せざるを得なかったりとか、あります。

徹夜したらしたで、その分しっかりと休養ととったりと、体を労ってあげないといけないですよね。

徹夜明けにそのまま出勤とか、元気な時ならいいですが、そこにストレスが加わると体はしっかり警告を出してくるようです。

「ちょwwwむりwww」

みたいなw

皆さん体をお大事に。というお話でしたwww


ええ、まぁこれから徹夜作業なんですけどねwww

念のため作業に入る前にリポDのんどこ!

中国っていう国について考えてみた

パンドラサーガ全く関係ないですww


ただちょっと、今日は仕事を早くあがって前の職場の先輩と会うので、待ち時間ひま。なので。

思いついたのでblogで考えをまとめてみたり、何かの役にたてばと思って日記です。


今日は何か、一党支配の中国から脱却して民主になるべきだ~。

的な文書を出して逮捕された人の話がニュースになってました。


最近知ったのですが、今の中国は力関係で言うと党の下に国があるそうですね。

つまり一党支配をやめましょうというのは、国を作り変えましょうという事に直結しているのでしょう。

これは非常にデリケートな問題。

とはいえ逮捕までしなくても・・・というのは個人的な感情はさておき、色々あるんでしょう(--;

願わくば、個人の意見として尊重してあげてほしいですね。



かくいう私も仕事で中国に行ったりして、興味津々な中国。

食の安全が問題視されるけど、食べ物のおいしい中国(^-^

日本人からすると、「うは、」と思う行動が多いけど、情にあついなぁ。と思う中国。

実は私は中国と言う国は昔から好きです。歴史あるっていうところ、文化もそうですね。

特に私の中で家族を大事にするイメージの強い国で、そこが好きにさせてるポイントかもです。

実際中国の友達もすごく家族思いなのが印象的です。

イメージなので実際わかりませんが、よく言われる話ですよね。


ここ数年でいい影響をあたえてくれるなぁ。と思ったのは、ハングリー精神です。

中国の友達と話しているとそのハングリー精神にいつも感化されます。

辛辣な格差社会の中でも、比較的裕福な層であろう友達ですが、

家族をすごく大事に考えながら日々の一所懸命な生き方には本当に感服しました。

日本の中でも特にのほほ~んと何年も生きてきた私は、感化されても一週間もてばいい方なのですが・・・

それでも何もしないよりは大分いいかな。と思って、その時ばかりは勉強したりしてます。



そういうとき、

知り合いでも中国人と聞くだけですごく悪いイメージを持っている人がいるのが悲しいです。

人口あれだけいれば色んな人がいるので、普通の人より変な人が目立つのはしょうがないと思います。

もちろん、文化が違うので日本人が大事にする部分をないがしろにされる時もあります。

でも・・・それが全てじゃないんだよー!!!と言いたいです。


で、だからどうしたというわけではないんですがwww

変な人が目立つのはさておき、

文化の違いを受け入れるっていう事は、

普段気付かない幸せな今と、不幸な今を見つめなおすきっかけになったりしてます。

もう、ここまで生きてきてしまったわけですから、今さら取り返しがつかないです。

じゃあせめてここからは。

そう思えます。(一週間だけ)



知らないほうが幸せな事もある。


とたまにいいますよね。

これ、変なとらえかたかもしれませんが、余計な前情報だったり思い込みのせいで、

先入観を持って人と会うのは、ビジネスでもない限りあまり良いとは言えないと思います。


どんな人かは分からないけど、仲良くなれたらいいな。

そんな風に思って、会えたら楽しいと思います。


ビジネスライクなお話はほとんど書かなかったですが、

隣国である中国。

ビジネスにおいてもプライベートにおいても注目していて間違いの無い国かな。

と思ったのでとりあげてみました。


身近な中国、プライベートにおいてもきっと人生を更に素敵にするきっかけがあると思います!


というところでいい時間www
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。